Profile of 住電工房.com

快適生活請負人「住電工房のスタッフです」
スタッフ.jpg

建て替えやリフォームは3回経験しないと満足のいくものにならないとよく言われます。なぜでしょう・・・?テレビや雑誌でみた便利でステキな住まいのイメージをわが家にも・・・とあれこれ思案して間取りや設備の配置など考えてはみるものの具体的に工務店やリフォーム店になかなか想いが伝わらない。また一生懸命説明しても工法上の問題や家の構造的な問題で却下され、結局オマカセ状態でリフォームしてしまう。
 電気屋の仕事の依頼のなかに、新築やリフォーム後のコンセントやスイッチ類、インターホンの位置などの変更や増設の相談が意外と多いのです。これは明らかに設計段階での十分な打ち合わせが出来ていなかったんですね。これはユーザーよりビルダー側の責任が大きいと思うんです。設計担当は家族の情報(生活パターンや好みのデザイン・趣味はもとより洗面所で使う道具類・食器の種類や量にいたるまで・・・)を出来るだけ些細に分析し可能な限り設計に盛り込んでさしあげるべきだと思います。単に見た目をキレイにするだけではもったいないです。限られた予算の中で全体の雰囲気・収納・動線・掃除やお手入れのしやすさなどバランスよく盛り込まれたプランが望まれます。
「やってよかった感動リフォーム」
 私たち電気屋は仕事柄家電はもとより家中の設備についても勝手がわかっています。得意先のご家族のことだってよく知っています。ある日「そうだ電気屋がリフォームの提案をしたらいいものができるんじゃないだろうか・・・」と思い立ってリフォームに取り組んで10年あまり、見積もり提出件数600件を超え着工件数も大小合わせて500件を超えました。「リフォームして良かった!」と喜んで下さることが何よりの励み、これからもコストパーフォーマンスの高いリフォームをバリバリこなし、自信作をこのサイトに紹介していきたいと思います。
「スタッフはマルチワーカー」
 一般的なリフォーム工事は設計担当が作成した施工図面に従い大工が中心になり、必要に応じて配管工・左官・電気工事・塗装工事・クロス工事などが絡みあいながら進んでいきます。新築は計画的に進行出来ますがリフォームの場合は日程の調整が大変です。なかなか思うようにいかないのが恒です。それぞれの職人さん達に少しずつ何度も来てもらわなければなりません。職人間の意志の疎通も取りにくく うまく噛み合わないこともあります。そうした問題を解決するためには1人の職人が何でも出来る事が理想・・・と考えてやってきた結果、当店のスタッフは大工工事・電気工事・配管工事・設備工事・空調工事など幅広い技能を身につけきわめてスムースに工事をを進められるようになってきました。そうすることで途中、様々なアイデアを織り込んだり、お客様の要望をタイムリーに受け入れたり結果的に非常にクオリティーの高いリフォームに出来ると自負しております。
 もちろん左官工事・タイル工事・塗装工事・クロス工事などの仕上げ工事は経験豊富な腕利きの職人さん達にお願いしています。